☆「江戸川区」で検索した時に、御社のサイトを上位表示する【正攻法】があります。

☆比較まとめ・ランキングサイトに全く頼らず、きちんと自社ホームページを江戸川区内で検索強くしよう!

☆もう、自社サイトが江戸川区で検索に弱くて、泣き寝入りする必要はありません。わたしたち、「SEO家さん」が、解決いたします!

・もちろん、市区町村名でも、できます。

・2ケタだけでなく、3ケタの地名で上位表示することも可能です。

・高度な技術があれば、そのエリア数に制限はありません、もちろんグーグルさんも認めた安全な方法です。

☆江戸川区を元気に!多くの社長さんたちに、笑顔をプレゼントしています。

☆グーグル、ヤフーなどでホームページを上に出すことに苦労された経験がおありの方は、いかに効力あるサービスか、すごく納得いただけると思います。

☆江戸川区内にて、ホームページの検索上位を継続的にヒットさせたい方、ぜひ、お問い合わせください。

会社情報・特定商取引法に関する表示

販売業者SEO家さん (えすいーおーやさん) ☆本業は茨城県・水戸のアパート大家さんですが、独自の技術がウケて、SEO対策の専門サービスを全国展開してます。 ☆有名になった「水戸大家さん」とは何かの縁を感じます、同じ起業家として、水戸市を大いに盛り上げていきますよ!
所在地〒311-4153 茨城県水戸市河和田町 ⇒アパート大家さんのような不動産オーナーが、サイトに細かい住所まで書くと、毎日のように沢山の営業DMがきます。(笑) ⇒そのため、ここではあえて番地を割愛しますが、お問い合わせをいただいた方に対しては、会社情報を含め、すべてをお伝え出来ます。
電話番号0120-511-083 おかけ間違いに、ご注意ください。
E-MAILクリックでメール送信できます
URLhttps://www.seoyasan.com/
決済方法・銀行振込 ※現在、多くのご要望により、クレジットカード決済の導入を進めています。  近日、当ランディングページに設置予定です。
SEOサービス代金以外の必要経費銀行振込の場合、振込手数料
SEOサービス開始時期通常お支払い確認後、当日に開始

検索に強いサイト制作の基礎1~Google検索に強いECサイトの制作を初心者に簡単に解説【江戸川区版】

はじめに

こちらでは、Google検索に強いサイトECサイト(electronic commerce site)、つまり商品やサービスの売買をインターネット上で行なうウェブサイトの作り方について、今まで自分でECサイトを作ったことがない、または作ろうと思ったが途中で挫折してしまった人などを対象として解説します。ちなみに、今まで弊社にSEOのご依頼をいただいたお客様は、そのほとんどがホームページ制作会社に依頼してECサイトを作ってもらったけど思うように検索順位が上がらず、何とかしてGoogle検索に強いECサイトに変えて欲しい、つまりSEO・エスイーオー(Search Engine Optimization)、ちなみにこのSEOとは検索エンジンからサイトに訪れる人を増やしてECサイトの成果を向上させる施策を取ることにより自分のECサイトのページを上位に表示させるようにすることをいいますが、お客様はこのSEOを強化して欲しいというご依頼がそのほとんどです。また最近になって、一般的な個別のECサイトがGoogle検索上位に上がりにくい状況となっています。そしてその原因の一つとして、複数のオンラインショップなどから同種の商品やサービスなどを抜き出して並べ、価格や特徴などが比較できるようにしたウェブサイトである「比較系サイト」などが検索上位を独占している状況であり、個別のECサイトが検索上位に出にくくなっているのが現状です。ですが、検索上位に出るサイトはGoogleが認めるに価するサイトであると理解すべきだと私は考えていて、内容の伴わないサイトや、よそのサイトの文章をそのまま張り付けたようなサイトではいくら頑張っても検索上位に表示されることはないとも思っています。現に論より証拠ではありませんが、当サイトをご覧見いただいてお分かりになるように、ECサイトを制作するにあたって、基本的なSEO対策を意識して制作すれば、「比較系サイト」などと肩を並べられる、比較系のサイト同様のGoogle検索に強いECサイトを制作することは可能なのです。またもしそうなれば、私どものようなSEO業者にSEO対策の依頼をする必要もなくなります。そしてまたそのことについては、ECサイト制作の初心者でも同様に可能だと言えると思います。ですので、自分はECサイト制作の初心者だから、検索上位を狙うのは絶対無理だなどとは考えずに自信を持っていただいて、臆することなくECサイトの制作を行っていただきたいと思います。また、ご自身で制作したECサイトが多くの人に見てもらえるに至った時の感激は格別なものだと思いますし、そしてそこからご注文を頂ければなおさらです。またそして、当サイトがその一助となれば望外の喜びとするところです。

レンタルサーバーとサイト作成ソフトの選定について

ECサイト制作の初心者がECサイトを制作するにあたって、一番初めに遭遇する壁がどの会社のレンタルサーバーを契約して、またどんな作成ソフトを使って制作するのかということかなと思います。確かに、これを間違えると自身で描いていたサイトのイメージが、思い描いたイメージまで到達できない可能性は強いと思います。一般的には独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを契約すれば後は何とかまとまったサイトになるんじゃないかと思いがちですが、この考えは出来ればやめた方がいいと思います。それと作成ソフトについてですが、ひと昔前であればホームページビルダーというサイト作成ソフトがかなり流行ったことがあります。ですが、現在ではワードプレスが世界的に多くのECサイト制作に使用されているソフトで、ホームページ制作の業者さんたちのほとんどがこのワードプレスを使用しています。たしかにこのワードプレスは素晴らしい、無料で使用できるソフトなのですが、ECサイト制作の初心者の人には私は、少しハードルが高いように思います。たとえばですが、レンタルサーバを契約するに当たってですが、私が個人的にお勧めするレンタルサーバーはロリポップなのですが、ここでロリポップレンタルサーバーを利用したと仮定した場合、インターネットのロリポップのサイトから申し込むと、すぐにサーバーが使えるようになり、おまけに独自ドメインも同時に取得できます。そしてロリポップからメールで届いた案内文の通りにロリポップレンタルサーバーの管理場面にログインすると、「ワードプレスをインストールしましょう」といった画面が表示されます。ただし、これはあくまでもある程度ワードプレスが扱える人向きですので、もしワードプレスを全く理解していない人がこの通りに作業してしまうと、自身で思い描いていたECサイトが出来上がる前に挫折してしまう可能性は強いと思います。それではどんなソフトがECサイト制作初心者に向いているかというと、私はズバリ言って「シリウス」がお勧めです。この「シリウス」はワードプレスなどと比べると、多少マイナーな感じはしますが、扱い易さは抜群で、ホームページを自分で作りたいけど、作り方がまったく分からない。また、今までに買ったホームページ作成ソフトやワードプレスは使いにくくて挫折した。このような方々にうってつけの作成シフトだと思います。それとこの「シリウス」ですが私は副業やアフィリエイトを行う人向けに開発されたソフトだと捉えていて、たとえば、商用に一日に何個もECサイトを制作する人向けに開発されたのかなと推測しています。また次の欄ではワードプレスとSIRIUSの具体的な違い、またメリットやデメリットなどについて解説します。

ワードプレスとシリウスの具体的な違いについて

ここではワードプレスとシリウスのどこがどう違うのかを解説します。まずワードプレスとシリウスの一番違うところですが、ワードプレスがレンタルサーバを契約して、独自ドメインを決めてレンタルサーバ上で動作するのに対して、シリウスはシリウスを運営する株式会社ACESから使用権利を買って自分のパソコンにソフト本体をインストールして使います。ですので、ワードプレスはレンタルサーバ契約や独自ドメインがないと何もできませんが、シリウスだとスタンドアローンで動作しますのですごく簡単にサイトの作成作業をすることが可能です。また、ワードプレスは一般的には基本的に一つのドメインを取得したサイトだけの作業しかできませんが、シリウスの場合は複数のサイトをパソコン画面で切り換えて作業することが可能です。それとワードプレスの場合、サイトの初期設定自体が結構大変で、サイトをある程度の形にするまでにはかなりの時間と労力を必要としますが、シリウスはシリウスを扱うのが初めての人でも10分程度でサイトを一通り最低限完成させることができます。またシリウスだと、サイトを制作して公開するといった一般的なサイト制作の使い方以外に利用することが出来ます。ちなみに、私の場合はシリウスを内容が煩雑な「マニュアル代わり」に使っています。たとえばですが、Wordなどでマニュアルを作った場合、あまりに文章が長くなりすぎていて、急いで確認したい部分を探そうと思ってもどこに記載してあったか忘れてしまい、そこを見つけるのが大変だったのですが、シリウスでマニュアルを作成して項目別にページを分割しておくと、ワンクリックで欲しい文章を探すことが出来ます。そしてまたシリウスはデータのバックアップと復元が容易で作成途中で操作を誤ってデータを消してしまっても、バックアップを取っておけば簡単にデータを復元することが出来ます。大体ここまでがシリウスのメリットですが、どちらかというとシリウスはSEOに強いECサイトを短時間で作成するのに向いていて、データのバックアップと復元が容易だと言えます。またこれに対してシリウスのデメリットとして、シリウスはワードプレスに比べて比較的に規模の大きいサイトの制作には向いていないように思います。たとえば作成するデータの量などにもよりますが、ページ数が10ページ程度ですとサイトデータのアップロード時間などについては、さほどのストレスは感じませんが、かなりページ数が多く、また画像データなどの多いサイトをアップロードすると、回線の通信速度などにも左右されますが、数分程度かかることもありかなりのストレスを感じます。またシリウスの場合、画像の挿入や記事の書き換えなどは、基本的にサイトデータ全部のアップロードが必要となりますが、ワードプレスだと、画像や文章データなどを即座に書換えが出来ます。それとワードプレスはレンタルサーバのデータベースというシステム上で書換えしますので、複数の人が同時に作成作業をすることが可能ですが、シリウスですとパソコン上でスタンドアローンで動作しますので作業できる人は一人だけで、これもシリウスのデメリットだと思います。それとシリウスを運用するときに注意しなければならないことに、シリウスの場合は個人用のライセンスを購入してサイト制作をした場合は、他人の利益のために、商用目的のサイトの制作に使ってはいけないとされていて、他の人からECサイト制作を受注して作成することはNGです。このようにシリウスにはメリットやデメリットはありますが、ホームページを自分で作りたいが作り方がよく分からない、また、今までに買ったホームページ作成ソフトやワードプレスは使いにくくて挫折した。このような人には私はやはりシリウスが向いていると思います。

Google検索に強いECサイト【江戸川区版】のサンプル記事を実際に作ってみます

こちらでは、シリウスを使ってGoogle検索に強いECサイト【江戸川区版】の作り方を説明します。Google検索では、Google側では検索されたECサイトが、どの程度閲覧者に有益な情報を織り込んでいるか、また、どの程度の文章量なのかを一番にチェックします。また、他のサイトから完全にコピーしたようなオリジナリティのない内容だと、コピーコンテンツだとGoogleから判断され、そうなった場合、全く順位の上昇は見込めません。ですので、サイトの制作を考える上で、どのようなサイト内容にして、どの程度の文章量にするかは非常に重要だと言えます。またそれと同様に、サイトの閲覧者はどういったキーワードで検索するのかを予想して、サイト名や記事文章を構想するのかも大事です。ECサイトのなかにはやたらとビジュアルを重視して作成されたと見受けられるサイトもありますが、決してビジュアルを軽視する訳ではありませんが、画像データはGoogle側からすると、単に画像データとしか扱われず、逆にサイトの動作環境を悪化させてしまう原因にもなりかねません。ですので、ECサイトで検索上位を目指すのであればビジュアルを重視して制作するよりも、オリジナリティ性豊富で、閲覧者に有益な情報を織り込んで文章量などにも配慮した内部コンテンツを重視したECサイトのほうがSEO対策の理にかなっていると言えます。そしてここでは、比較系サイトなどが検索上位を独占している状況下で、どうやれば比較系サイトなどと遜色ない検索に強いサイトが作成できるのかについて説明します。ちなみにですが、タイトルに【江戸川区版】と入っていますが、これについては、作成するECサイトのお店が江戸川区にあり、江戸川区に住んでいる人に対して来店して欲しいと仮定していています。それとまた、これから出てくるサンプル文章の「江戸川区」というキーワードがSEO対策として非常に重要になります。それではサイトのボリュームが1ページだけの簡単なサンプルのサイトを作ってみます。また、サンプル記事の本文については、前もって作成していおいた文章をそのまま貼り付けて作成しますので、下のような簡単な記事文章を作っておきます。

サンプル記事本文

こんにちは、SEO家さんと申します。弊社は水戸市を本拠地としていて、本業はアパートの大家さんですが、お客様のSEO対策のお仕事もさせていただいております。特に弊社では「地域名+業種キーワード」での検索でのSEO対策を得意としています。たとえば江戸川区にお住まいの人にサイトを見てもらいたい場合は「江戸川区+業種キーワード」で検索が上位に来るような、「江戸川区+業種キーワード」に特化した、SEO強化のための外部施策や、オリジナリティ性豊富、閲覧者に有益な文章情報、適切な文章量などに配慮した内部コンテンツ強化のためのアドバイスを直接お客様に行ったりしてGoogle検索に強いECサイトにしています。また最近は「江戸川区以外のもっと数多くの、いろんな地名で検索にかかるようにしたい!」などのご要望も強くなっています。

サンプル記事全体の設定

まずシリウスを起動し、ファイルをクリックし新規作成に進みます。そうすると下のようなサイト全体設定画面が出ますので、その中のサイト名(必須)に今回は、「江戸川区のSEO対策ならSEO家さん」と入力して、テンプレート(必須)を任意で選択します。シリウスの場合はこの(必須)二項目だけの設定で最低限のサイト設定は完了しますので実に簡単です。またここではシリウスが内臓しているヘッダー画像を設定しましたが、これをプレビューで確認すると文章のないサイト名だけのヘッダー画像が出来上がっていることが分かります。私はシリウスの特徴の一番として超スピードでサイト作成が可能なことだと思っています。またそれに加えて、シリウスはサムネイル画像を作成するという機能なども持ち合わせています。ちなみにこのサムネイル作成機能は、WEBサイトのキャプチャ画像を作成する事が出来るという機能です。そしてこの機能を使用することにより、URLを指定してボタンをクリックするだけで、サムネイル画像を簡単に作成する事が出来ます。またシリウスは、ランキング系のサイトや比較系のサイトなどでサムネイル画像を使用する事で、サイト閲覧者の目を引く事ができます。そしてまた、サイトのURL以外にも、アフィリエイトリンクなどからサムネイル画像を作成する事もできます。そしてASP等から取得したアフィリエイトリンクを、そのままURLの欄に貼り付けることが出来ます。またそれに加えて私は、このようにサムネイル画像などが簡単に作成出来るソフトは他にあまりないと思いますし、このような機能を有効に使用することによって、スピーディなサイト作成が出来ますし、これはかなりいい機能だと思います。そしてこれもまた、シリウスの優れた特徴といってよいと思います。それとASPなどから取得したアフィリエイトリンクを、シリウスはそのままURLの欄に貼り付けることが出来ることも有効ですが、このような機能を使いこなすには少しシリウスに慣れる必要があるかもしれません。それとちなみにですが、下の画像はシリウスの全体設定画像なのですが、どこを設定すればよいかが一目で分かるような親切丁寧な画面になっていて、私はこのように分かり易くて見やすくい、初心者にもやさしい親切丁寧なソフトはなかなか見あたらないのではないかと思います。またその下の画面はテンプレートとサイト名の二項目だけの設定を行ってプレビューで見たものですが、これだけで十分にアピール感のあるヘッダーになっていることが確認できます。

ワードプレスのプラグインについて

ちなみに、ここまでのサイトの作成をワードプレスで行ってみると、ワードプレスにログインすると下のような設定画面が出ます。実を言うと、この設定画面を見てもワードプレスの初心者だった私は何を設定していいのか全くイメージ出来なかったのですが、もしかすると他の人も私と似たような人は多いかも知れないですね。ちなみにですが、下のワードプレスの初期設定画像の左側のメニューバーの中に「プラグイン」というボタンがありますが、このプラグインという機能は、ワードプレスを使う上で大変に重要な機能ですのでここで少し説明します。プラグインは、ワードプレスの機能を拡張するためのツールです。ワードプレス のコアは、ワードプレスのシステムの柔軟性の保持のため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザー自身がそれぞれが特定のニーズに必要なプラグインを利用して、カスタム機能を取り入れられるように設計されています。つまり、プラグインとは、ワードプレスを柔軟に必要に応じてカスタマイズするためのプログラムのことです。たとえば、「お問合せフォームを設置するためのプラグイン」、「SEO対策をやりやすくするプラグイン」、「ユーザーを管理するためのプラグイン」、などといった、ワードプレスにはさまざまなプラグインが用意されています。またこれを活用することで、ワードプレスは、ブログの制作目的にあった独自のブログへとカスタマイズすることなどができます。ですのでワードプレスのプラグインをスマートフォンのアプリのようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。またここで「お問合せフォームを設置するためのプラグイン」を何個かご紹介すると、「MW WP Form」は国産のプラグインで、確認画面や自動返信メールを設定することができます。HTMLやCSSなどプログラミングの知識があれば幅広くカスタマイズすることができ、中上級者向けのワードプレスのプラグインです。また、有料の拡張機能を使用することで、HTMLが苦手な人でもカスタマイズすることができるようになります。それとアドオンを使えば、画像認証も実装可能です。また企業サイトのお問い合わせフォームを作るときに役立ちそうな機能が揃っています。また「MW WP Form」は確認画面が標準で付いており、送信情報のデータベースへの保存や、その情報のグラフ表示なども可能です。MW WP Formは基本的にはHTMLの知識を持つ中上級者向けのプラグインですが、有料プランでは簡単にカスタマイズができるため、初心者にも向いているプラグインです。次にご紹介しますAutomatic社が提供している「Jetpack Contact Form」のワードプレスのプラグイン「Jetpack」は、便利な機能をパッケージ化した形態で提供されていて、その中のコンタクトフォームは、お問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインです。その次にご紹介する「Contact Form 7」は、ワードプレスのお問い合わせフォームで最も使用されている、認知度の高い日本製のプラグインです。管理画面から簡単に問い合わせフォームを作成することができます。Contact Form 7に確認画面は付いていませんが、必要な場合は「Contact Form 7 add confirm」などのプラグインで追加できます。自由にカスタマイズすることができ、また他のプラグインと組み合わせることで、セキュリティ・スパム対策をすることもできます。Contact Form 7はHTMLやCSSの知識が多少必要となる中上級者向けのプラグインですが、シンプルな問い合わせフォームであれば、HTMLに詳しくなくても作成できます。そして最後にご紹介する「Visual FormBuilder」は、海外のデベロッパーが作成したワードプレスのプラグインです。「HTMLやCSS、PHPコードを書かずに数分程度で美しく多機能なお問い合わせフォームを構築する」をコンセプトにしたツールです。またVisual Form Builderは、ドラッグ&ドロップ操作によって直感的なお問い合わせフォームを作成できることが特徴の1つです。初心者から知識のある人まで対応できるカスタマイズ性の高さも魅力です。またデメリットとしては海外製であるため、設定や解説画面が英語で表記されていて、操作手順が分かりにくい点があります。以上ここまでが「お問合せフォームを設置するためのプラグイン」のご紹介でしかが、ここで「SEO対策用」のプラグインについても何種類かご紹介しますと、The SEO Framework、All in One SEO Pack、Premium SEO Pack、Yoast SEO、などがあります。またこれらに加えてRank Math、Squirrly SEOなどといったものもあります。またこれらのプラグイン中には最近流行りのAIなどを利用したSEO対策に必要な項目を自動で設定出来るプラグインや、SEO対策に有効な対策全般を行ってくれるプラグイン、また表示速度や検索結果などのいろいろな解析を行うことが可能なプラグインなどもあるようです。ひと昔であれば、ワードプレスのプラグインについてもこのように便利になることなど予想もできなかったのですが、ここ最近の急速な技術的進歩には目をみはるものを感じますね。このように「SEO対策用」のプラグインについても本当にいろいろな種類があって、いったいどのプラグインを選んでいいのか迷ってしまうほどです。それと、ここで気をつけなければいけないのが、安易にできるだけ多くプラグインをインストールしておけば間違いないだろうといった考えはやめたほうが賢明だということです。プラグインもウイルス対策ソフトと同様に、複数のアプリをインストールすることによってお互いに干渉してしまい、うまく動作せずに不具合を起こすケースが多いようです。ここまでワードプレスのプラグインの機能や種類などについて説明しましたが、ワードプレスのプラグインはワードプレスでのサイトの作成作業にはなくてはならないものであり、またプラグインにもいろいろと種類があることが御理解いただけたかと思いいます。そしてこのプラグインを上手に使うことによって、たとえば今までサイトの複製作業などに何時間もの時間がかかっていたのが、プラグインを利用することで一瞬で作業を終えることが可能になったり、またSEOの効率が急改善したりする場合もあります。ですので、ワードプレス初心者の人はいろいろなプラグインを試してみていただいて、是非ご自分に合った便利なプラグインを見つけていただき有効にご活用いただきたいと思います。

ワードプレス問合わせにおすすめのプラグイン4選【2020最新】から引用

ワードプレスのテーマとテンプレートについて

次に、下のワードプレスのテーマを設定する画面を見ていただきたのですが、ちなみにワードプレスのテーマとは、Webサイト全体のテンプレートのことをいいます。またテーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。一般的にはワードプレスのテーマは自分の気にいったものをインストールして設定しますが、テーマは多種多様、有料、無料といろいろありますが、ワードプレス初心者だった私にはこの画面から何を選んでよいのか、また何をインストールしてよいか分からず迷った記憶があります。またここで少し、ワードプレスのテーマとテンプレートの違いについて説明します。ワードプレスのフォルダとその中のファイルを含めたもの一式を、通常はテーマと呼んでいます。ワードプレスのテーマはワードプレスで使用するテンプレートのことで、ワードプレスにインストールすれば、デザインやサイトの骨組み、エディター機能などがセットで提供され、またWEB初心者でもカンタンにWEBサイトやブログが作成できます。加えてまたこのテーマのフォルダの中には、多くのファイルがあって、そしてその中のデザインを担当しているファイルが「テンプレート」と呼ばれているものです。またテーマの中には、デザインを担当しているphp形式のファイル、画像ファイル、動的な仕様を制御するjQueryファイル、style.css等などのファイルがあります。ちなみに、ワードプレスではアクセスされたURLをもとに、各ページをテンプレートに基づいて出力されますがその際に、複数のテンプレートの中から優先順位が高いものを選択する仕組みを「テンプレート階層」と呼んでいます。またテンプレートファイルの優先順位は、 ページの種類によって、たとえばフロントページ、ホームページ、カテゴリー、タグ などに分類されます。またワードプレスの場合、出力しているソースコードは通常のHTMLページで、ちなみにテンプレートにもHTMLやCSSが使われています。また、ワードプレスのテーマには有料のテーマと無料のテーマがありますが、ここで有料のテーマを何種類かご紹介しますと、DIVERは大手企業にも導入されている高品質や高機能ツールを一般向けに最適化したワードプレステーマです。このDIVERはSEOや収益化に強いだけでなく、デザイン性やカスタマイズ性能にも優れていて、メールサポートが無期限、無制限で利用できるのも初心者にとってうれしいポイントです。このため、WEB初心者の方はもちろんのこと、複数のWEBサイトを運営する方やクライアントにサイトを提供するWEBデザイナーにもおすすめできます。次にご紹介するTHE THORはサイト運営者が必要とする機能がほとんどすべて搭載された高機能ワードプレステーマです。一流SEOコンサルタントが開発を行い、プロのアフィリエイターやWEBマーケターも使用しています。なお、THE THORは「SEOの強さ」が圧倒的で、検索エンジンから評価されやすい内部構造を採用していて、国内最高水準のサイト読み込みや表示速度高速表示化を実現しています。その次にご紹介するSTORKは、「誰が使っても美しいデザイン」を追求していて、テーマ導入後の微調整はほとんど必要なく、ブログの執筆などコンテンツ作りに時間が掛けられます。このほか、STORKは表示速度への対応やモバイルフレンドリーなどの「SEOの強化」はもちろんのこと、アフィリエイトサイトに最適な機能を搭載するなど、サイトの運用が楽しくなる仕掛けや機能を搭載しています。またその次のSANGOは、WEBメディア「サルワカ」が開発した人気のワードプレステーマです。このSANGOはデザインはシンプルですが、サルワカが月間100万PVを達成したノウハウがテンプレートに凝縮され詰め込まれています。SANGOには、テーマカスタマイザーが搭載されていて、WEB初心者でも簡単にカスタマイズ可能です。それと5番目にご紹介するJIN(ジン)は、有名なアフィリエイター「ひつじ」さんが開発に携わったことで有名なワードプレステーマです。JINには、ひつじさんのアフィリエイトノウハウが凝縮されていて、アフィリエイトとSEO対策を強化したテンプレートとして人気です。それとJINのデザインバリエーションはやや少な目ですが、デザインの切り替えが分かりやすく、初心者でもカスタマイズしやすいのが特徴です。また、SWALLOW(スワロー)は、プロブロガーの八木仁平氏とOPENCAGEが共同開発したワードプレステーマです。そして最後にご紹介するSWALLOWは洗練されたデザインと「SEOの強さ」を兼ね備えていて、初心者でも上位化されやすいWEBサイトやブログが作成できます。また、SWALLOWの特徴はSEOの強さだけでなく、無駄な装飾をそぎ落とし「誰が使っても美しいデザイン」を追求している点です。以上ここまで6種類の有料テーマをご紹介してきましたが、どのテーマも優劣を付けがたい素晴らしい機能を有していると思います。またこれらの有料テーマのほかにも無料のテーマとして、Cocoon(コクーン)、Habakiri(ハバキリ)、LION MEDIA(ライオンメディア)、onePress(ワンプレス)、Stinger(スティンガー)、Lightning(ライトニング)などといったものがあります。またこれらの無料テーマもかなりの機能を有していて、有料テーマと無料テーマのどちらがいいか、またどのテーマがお勧めということは申し上げられませんが、あえて言うとすれば無料テーマよりも有料テーマのほうがビジュアル面とSEO面で優っていると言えるかもしれないですね。また初心者であれば、最初は無料テーマで作成してみて慣れてきて自分にどんなテーマが合っているか分かってきたら有料テーマを使ってみるのがいいかもしれませんね。

【最新】ワードプレスおすすめテーマ10選!有料版と無料版を比較から引用

ワードプレスのデータ管理について

ここで少しワードプレスのデータ管理について説明したいと思います。シリウスはパソコン上で動作しているアプリのためデータのバックアップと復元が凄く容易ですが、ワードプレスの場合はシリウスに比べるとデータのバックアップと復元についてはそれほど簡単には行きません。それはなぜかというと、ワードプレスの場合はデータベースというシステムを利用してサイトを構築していて、MySQLと呼ばれるデータベースを利用しています。このMySQLとは世界で一番利用されているデータベースの管理システムで、オープンソースで非常に実用性が高いものです。またワードプレスでMySQLを利用する場合は一般的には必要なデータベースを作るにはphpMyAdminという管理ツールで簡単にできます、とされていますが実際に自分でやってみるとそう簡単にはいきません。また、ワードプレスのデータベースをバックアップの方法についてはインターネットで何種類か紹介されていますが、phpMyAdminでバックアップを取る方法やワードプレスのプラグインを利用するなどといった方法があります。どちらかというと、phpMyAdminでバックアップを取る方法は中級以上に推奨で初心者はプラグインを利用したやりかたが推奨されているようです。私もワードプレスのデータベースのバックアップは何度か行ってきましたが、私自身の考えとしては、初心者に関してはphpMyAdminやワードプレスのプラグインを使った方法でのデータのバックアップと復元はあまりお勧めしません。具体的に言うとバックアップについては、ほぼマニュアル通りに動くのですが、私のやり方が悪かったのか、パソコンの環境が悪かったのか、データの復元がマニュアルの説明通りにはいきませんでした。また、データバックアップ用のプラグインも何種類かあって、それぞれクセのようなものもあります。仮に検証環境でうまく動作したとしても、それが100パーセント信頼できるものでなければ実際の運用においては不安も残ります。そこで私がお勧めしたいのは、レンタルサーバのデータバックアップサービスです。このバックアップサービスはレンタルサーバ会社が行っていますので、毎日バックアップを取る設定にしておけば、バックアップを忘れるなどの心配もなくて安心です。また、このサービスについては提供しているレンタルサーバ会社が限定されていて、サービス自体を提供していない会社もありますので注意が必要で、私個人としては、ロリポップがお勧めです。料金も安く使いかたも簡単でワードプレスのデータ管理には一番だと思います。

SEO対策で必要な設定について

ここからはシリウスの特徴でもあるSEO対策の設定を行っていきますが、この設定については全くSEOを考えないのであれば必要のない設定ですが、ECサイトを制作するのなら当然この設定が必要となります。まず作成するサイトの名前を入力します。またここはSEO対策上で非常に重要な部分でもありますので、上位表示させたいキーワードを盛り込みながら、閲覧者の目を引くタイトルを設定しますが、ここは「江戸川区のSEO対策ならSEO家さん」でいいでしょう。次にサイトの最上部に表示されるH1テキストを入力します。またここで入力した見出しは、SEO上で大変にに重要な<h1>タグで強調されますので、SEO対策をする場合は必ず入力します。そしてまた、この「H1テキスト」はサイトの最上部に少し小さめのフォントで表示されます。そして、いくらSEO対策のためとはいっても、過度にキーワードを書きすぎるのはよくありませんので、本当に重要なキーワードを使って、簡潔に見出しを書きます。ちなみにここでは「江戸川区でSEO対策業者を探すならSEO家さんが一番です」にしておきます。またMETAキーワードは絶対に入力が必須な項目ではありませんが、作成するサイトに関連するキーワードを3~5つ程度入力すると良いと思います。なお、複数のキーワードを入力する場合は「半角カンマ(,)」で区切ります。なおここでは「江戸川区,SEO対策,SEO業者」としておきます。ちなみに、下の画像はシリウスを使用してサイト作成をする際の設定画面ですが、SEO対策についての各種htmlタグの設定などはほとんどこちらの設定画面で設定が可能です。

サイト名の重要性について

ECサイトの場合、どれだけ多くの人に自分のサイトを見てもらい、そしてより多くの人にお客様になってもらうかがサイト制作の目的になりますので、SEO対策に加えてそういった意味でもサイト名は大変に重要になります。ですのでサイト名は閲覧者に自分の紹介したい情報や売り出したい商品のジャンル、また自社商品の名、そして社名などを簡潔に絞り込んで決めるようにします。またこれはあくまでも私個人としての見解ですが、人が集まるECサイトはサイト名については不思議とある「法則」のようなものが存在していて、重要なキーワードがサイト名に含まれている、サイト名が個性的、それと複数のキーワードが含まれている、このようなサイトが私はGoogle検索に強くて、閲覧者に見てもらえるサイトだと感じています。たとえば、当サイトでしたらGoogle検索に強いECサイト【江戸川区版】をアピールしたいので、サイト名は「江戸川区のSEO対策ならSEO家さん」にしてあります。つまり、検索して欲しい重要なキーワードは、江戸川区という地名と、SEO対策という業種、それとSEO家さんという社名が織り込まれています。それと特に、江戸川区というキーワードについてですが、商品・サービス・業種・社名などをサイト名とすることに加えて、「江戸川区」という「地名」をサイト名にすることによって、SEO対策での効果も抜群ですがサイト閲覧者にとっても、たとえば、江戸川区に住んでいる人が閲覧した場合、このサイトは自分に対して直接アピールしたいのだと感じてもらうとことが出来ると思います。ですので、サイトの名前を決めるときは、できるだけサイトの内容が率直に閲覧者に伝わり、サイト名を覚えてもらえるような、それでいてGoogle検索に強いものにする事をお勧めします。

H1テキストの重要性について

H1テキストはSEO対策では大変に重要な役割を持っているhtmlタグなのですが、あまり適切に設定されていないECサイトを多く見かけます。しかし、これではH1テキストのSEO効果を十分に発揮することがないため、私は大変にもったいないと思います。ですので、ここで少しH1テキストの解説をします。まず、そもそもH1テキストとは何かということですが、H1テキストは、htmlタグの1つで、文章の大見出しを役割とするタグのことです。またH1テキストは、見出しを役割とするhタグの中で最上位の見出しで、Googleの検索エンジンに対してサイトの内容を伝える重要な役割を果たします。たとえば、当サイトでしたら、「江戸川区でSEO対策業者を探すならSEO家さんが一番です」としてあります。またH1テキストとサイト名との違いについてですが、このH1テキストとサイト名との違いの説明はかなり困難ですが、あえてどんな違いがあるかというと、H1テキストはページの大見出しを役割とするタグで、サイト名のほうはそのページのタイトルを表すタグだと思います。このように比べて見ると当サイトでもH1テキストとサイト名として、「江戸川区・SEO対策」などのキーワード入れていますし、H1テキストとサイト名の役割はほぼ同じように感じますが、これについてはっきりとは言えないと思うのですが、私個人としては、検索エンジンのロボットなどはH1テキストとサイト名の両方を検索して判断しますが、Google検索ではH1テキストはページタイトル、サイト名はサイトタイトルとして捉えているのではないかと思います。

METAキーワードの重要性について

まずは、METAキーワードとは何なのかということについてなのですが、METAキーワードとはHTMLファイル内に記述するメタ情報の1つで、ページの内容がどのキーワードと関係しているのかをクローラーに伝えるのがその役割です。少し以前は、METAタグには3~5個のキーワードを設定することが適切とされていました。例えば、当サイトでは「江戸川区,SEO対策,SEO業者」などといった固有のMETAキーワードを設定することで、検索エンジンに当サイトであれば「江戸川区のSEO対策ならSEO家さん」のページごとの重要キーワードを伝えることができていたのです。ところが、現在はGoogleの検索条件にMETAタグが合致しないのが現状で、METAタグを設定しても検索順位が上がる効果はないというのが一般的な見解だとされています。ただし、今後Google側がMETAキーワードを再度利用する可能性も残されているので、設定するかどうかは各個人の判断だとされています。ではなぜMETAタグを設定しても検索順位が上がらなくなったかというと、その理由のひとつが「スパムへの対策」だといわれています。以前のSEO対策では、METAキーワードに上位表示させたいキーワードを羅列したり、トップページにすべてのページのメタキーワードを書き込むなどのスパム行為が蔓延していた、いわゆる、ブラックハットSEOでMETAキーワードの信用性が下がったとされています。それとまた、Googleの検索エンジンの精度が向上したためMETAキーワードを必要としなくなったことと関係したとされていて、METAキーワードのタグ内でキーワードを伝えなくても、コンテンツ内のキーワードを認識するようになったので、必要性がなくなったとされています。確かに、METAキーワードを設定してもSEO対策での検索順位向上の効果は見込めません。しかし、私は高品質のWebコンテンツを作成する上では十分にまだ利用価値のある項目だと思います。もしかすると、検索順位に影響を与える項目として今後復活する可能性も考えられるので、余裕があればコンテンツ作成時に、「江戸川区,SEO対策,SEO業者」などと取り入れてみてはいかがでしょうか。それと、METAキーワードをコンテンツを作成する際には必ず入れるようにして、出来るだけ高品質のWebコンテンツ作りを心がければそれこそが、サイト全体の検索順位のアップに繋がるSEO対策になるのではないでしょうか。

記事本文を書き込みます

基本設定の最後に、記事本文を書き込みます。なお書き込み作業に必要な記事文章はメモ帳に前もって作成してあれば、それをそのままコピー・貼り付けができますので大変に便利です。貼り付けが終了したらプレビュー画面で確認して保存すれば、これで最低限の基本設定作業は一通り終わりとなりますが、この作業が終わってから全体のバランスを確認しながら、文字装飾や画像などを本文の中に挿入して加工していきます。それと、これは前にも述べたことですが、検索サイトなどからの文章の引用についてですが、単なるコピー・貼り付けは絶対にやめた方が賢明です。また、この単なるコピー・貼り付けをGoogle側は大変に嫌がります。Google側はこれをコピーコンテンツとして認識した場合、何の前触れもなくGoogleアップデートと呼ばれるサイトに対するペナルティを課すことがあります。これには特に気をつけて下さい。さて、これで基本的な設定は終わりです。プレビューで確認すると下のようなサイトイメージが確認でき、サンプルサイト「江戸川区のSEO対策ならSEO家さん」ができました。ちなみに、下の画像がサンプル記事文を書き込んだプレビュー画像ですが、上のヘッダー画像だけの物と比べると、文章が加わることによって、リアリティ感が増してよりECサイトらしさが感じられると思います。

検索に強いサイト制作の基礎2~Google検索に強いECサイトのSEO対策を初心者に簡単に解説【江戸川区版】

ECサイト作成におけるSEO対策の重要性について

ここまでは、Google検索に強いECサイトの制作を初心者に簡単に解説【江戸川区版】でしたが、内容としてはGoogle検索に強いECサイトのごく基本的なサイトの作り方について、今までに自分でECサイトを作ったことがないとか、または作ろうと思ったが途中で挫折してしまった人などを対象として解説しました。そして、ここからはGoogle検索に強いECサイトの制作を行う上で、どうやったらGoogle検索の上位に表示されるECサイトが作れるのかをECサイト制作の初心者のかたを対象として解説します。またECサイトのSEO対策については、まだあまり一般的にはSEOの意義の大切さについて認知されていないように私は感じています。またそれは、ホームページを専門に制作している業者さんについても、未だにそれほどSEO対策に配慮してホームページ制作されていないのではないかとも感じてしまいます。また私は、ホームページ制作業者さんがどうしてSEO対策に力を入れたサイト制作をしないのかについて、独自の見解を持っていて、それは何かというと、「比較系サイト」などがGoogle検索の上位を独占してる状況と関係しているのではないかということです。つまり、ホームページ制作会社さんの中には、Google検索の上位に表示されることを諦めていまっていて、ビジュアル重視の、電話帳イメージで平凡な、あまりオリジナリティのないサイトにしてしまっているのではないかということです。ですが、もしそうであるなら、そのホームページ制作業者さんにホームページ制作を依頼した人は大変にかわいそうな結果になるのではないかと思います。たとえばですが、江戸川区に新規のパン屋さんで、仮にパン屋さんの屋号が「子ぶたのパン屋さん」を開店したとします。当然ですがオーナーさんは、子ぶたのパン屋さんのサイトはおもに、江戸川区に住んでいる人に見てもらい、子ぶたのパン屋さんのパンを買って欲しいと思う訳ですが、もしホームページ制作業者さんがSEO対策に配慮してくれないとしたら、子ぶたのパン屋さんのオーナーさんの希望は全くかなわなくなります。そしてもしそうなった場合、江戸川区に子ぶたのパン屋さんを開店したオーナーさんは、今度は比較系サイトの業者さんにECサイトの広告を依頼したとします。ところが、比較系サイトの場合はたくさんの同業種の依頼者の広告情報を掲載しますので、特定のECサイトの広告だけを特別目立つように掲載したりはしません。ですので、いくら子ぶたのパン屋さんが江戸川区に住んでいる人に自分のお店のサイトだけ注目して見て欲しいと思ってもそれは不可能です。まして、子ぶたのパン屋さんのサイトが比較系サイトの一番下のほうに掲載されてしまったら、高いお金を支払って比較系サイトに広告を依頼しても、子ぶたのパン屋さんのサイトが比較系サイトを閲覧した人の目に止まる確率は低いかもしれません。ちなみに私は、決して比較系サイトの存在を否定する訳ではなくて、初めからSEOの重要性を認識して、またSEO対策を重視したECサイトを作成することによって、比較系サイトと同等か、それ以上の集客が見込めるとが出来ることをお伝えしたいのです。現に、弊社がサポートさせていただいているお客様のサイトで、常に検索の1ページ目上位に表示されているサイトが多数あります。またそれらのお客様は、弊社がSEOのサポートをする以前は比較系サイトに広告を依頼していたが、現在は弊社のサポートだけでECサイトの運営を行っていて、比較系サイトなどへの依頼はやめたお客様もいます。またこれらのお客様からは、希望する以上の集客が出来ていると、大変にお喜びいただいております。ですので、ECサイトの制作をするときはこれから解説する具体的なSEO対策を意識していただき、集客効果抜群のECサイトを作成していただきたいと思います。

Google側の考えかたについて

前の項ではGoogle検索では、作成したECサイトが他のサイトから完全にコピーしたようなオリジナリティのない内容だと、スパムだと判断された場合は全く順位の上昇は見込めないと述べました。またこれと同様にGoogle側の判断で、ある日突然それまで検索の上位に表示されていたECサイトが、検索の上位どころか、どこを探しても影も形も消え失せてしまうことがあります。そして、このようなECサイトが、Google側から見て閲覧者に有益性がないとか、閲覧者に害を与える恐れがあるとしてあえて検索の上位に表示させなくする行為のことを、私たちはGoogleアップデートと呼んでいますが、ここで、これはあくまで私の個人的な憶測ですが、Googleのアルゴリズム、Googleアップデート、WebコンテンツとSEOとの関連性などについて、Google側がどのように考えているか解説します。

アルゴリズム、アップデート、Webコンテンツなどについて

Googleは検索サイトにおいて検索閲覧者の利便性と検索サイトの社会的な良識の向上などを目的に、検索エンジンの順位を決定する独自のアルゴリズムを使って検索順位を決めます。また、検索閲覧者の利便性に有用なECサイトの内容、これをWebコンテンツと呼びますが、このWebコンテンツの内容が粗雑だったりするとGoogleアップデートの対象になる可能性があります。また、このGoogleアップデートについてですが、有名なものではペンギンアップデートとパンダアップデートがあります。またこの、ペンギンアップデートとパンダアップデートが登場する以前は、サテライトサイトなどを利用した大量の被リンクの利用などを行って、品質の低いWebコンテンツをさもクオリティが高いように見せかけるテクニック、いわゆるブラックハットSEOが横行していました。そしてペンギンアップデートとパンダアップデートが登場して以降は悪質な順位上昇テクニックは取り締まられて、良質なWebコンテンツのECサイトが上位表示され易くなったといわれています。それとまた、ペンギンアップデートとパンダアップデートのふたつのアルゴリズムは、スパム行為を取り締まり、本当の意味で検索ユーザーの役に立つECサイトを正当に評価することを目的として導入されました。またその結果、悪質なSEO対策をおこなっていたECサイトの多くがペナルティを受けて順位を下落させる一方で、情報量と内容に富んだ良質なECサイトが上位を独占するようになったともいわれています。ちなみに、ペンギンアップデートPenguin Updateは、ウェブスパムに対する制裁措置として大変に有名なアップデートです。またこのペンギンデートは、「Googleの定めるガイドライン」に違反するサイトの掲載順位を下げることを目的にしたアルゴリズムだともいわれています。そしてまたペンギンデートは2012年4月に世界中で導入されましたが、多くのスパムSEOがこのペンギンアップデートによって駆逐されました。また現在もペンギンアップデートは更新を続行していて「ウェブスパムの駆逐」のための改良が日々続けられています。そしてまた、それに違反するWebサイトにきびしいペナルティーを課しています。またパンダアップデート・Panda UpdateUpdateは、「Webコンテンツの品質」を判断するアルゴリズムで、主に低品質なWebコンテンツを量産するコンテンツファームを駆逐するためのアップデートといわれています。またそのことからパンダアップデートは「ファーム・アップデート」などと呼ばれることもあります。またパンダアップデートが影響して、ECサイト内に低品質なWebコンテンツが大量に記載されていた場合、良質なWebコンテンツまでもその影響を受けてマイナス評価を受ける可能性があります。それとですが、当サイトに登場した江戸川区に新規開業の、子ぶたのパン屋さんのECサイトのWebコンテンツがほかのお店の記事をコピーしてそのまま張り付けたようなサイトだとすると、いくら自分のお店、子ぶたのパン屋さんを江戸川区在住の人にアピールしたいと思っても、これらのアップデートが影響してしまうと、完全にその目的を失ってしまい、決して子ぶたのパン屋さんのアピールにはつながりません。またそれとですが、これは私の今までの個別の対応を行って来た経験から言えるのですが、これらのアップデートが影響してしまい、検索順位が下落して弊社にご相談をいただいた中で、私自身の感覚的にはこれらのアップデートの影響を受けたサイトは以前の検索順位に戻るまでにかなり時間を要していると感じます。そしてまた、中には期待したような検索順位まで戻らなかった例すらあります。ですので、細かなSEO対策を行うよりもこれらのアップデートの対象にならないようなECサイトの制作に努めるべきだと私は考えます。ちなみに、Google側では知識やSEO対策の細かなテクニックなどにこだわるよりも、ECサイトの訪問者を満足させる質の高いWebコンテンツを作成してくださいと公式に発信しています。ですのでこれまで私が申し述べてきたような、閲覧者に対して有益性と利便性を与えて、かつ文章量の充実したWebコンテンツを作成すればGoogleのほうがこちらのECサイトを検索エンジンで見つけてくれて、ランキング上位に表示してくれることになり、またそれ自体が絶対に無害で良質のSEO対策だとも言えるのです。

Google検索に強いECサイトの具体的なSEO対策について

一概にSEO対策といっても、それぞれSEO業者さんにより具体的にどんなSEO対策を行っているのかについては、正直言って私自身全く分かりません。というのは、SEO業者さんは手の内を公開することはまずありませんし、当サイトのように企業秘密をやすやすと公にすることがないため、江戸川区のどこのSEO業者さんがどんなSEO対策をしていますか、と聞かれても全く答えられません。ですが、弊社ではあえて当サイトで弊社独自でおこなって、素晴らしい実績をあげているSEO対策について、具体的にご説明します。当サイトの前半の部分で弊社では、「地域名+業種キーワード」での検索でのSEO対策を得意としています。というように記載しましたが、これについて説明しますと、仮に江戸川区にお店を開く「子ぶたのパン屋さん」のECサイトのWebコンテンツのSEO対策を行う場合、子ぶたのパン屋さんの特徴などを分かり易く知ってもらうような文章内容にすることは当然ですが、ただそれだけでは十分なSEO対策にはなりません。つまり、そのような自分のお店のアピールしかない、それも文章量の少ないWebコンテンツのECサイトでは、検索エンジンの順位を決定するGoogle独自のアルゴリズムにより、サパムとみなされてアップデートの対象にならないとしても、検索の上位に表示されて、江戸川区在住の人たちに「子ぶたのパン屋さん」をアピールすることはで出来ないでしょう。それではどのようなSEO対策を具体的に行うのかというと、弊社ではとにかく内容のある十分な量の記事文章を掲載することをお勧めしています。またその記事文章の内容についてですが、具体的には、江戸川区に関する記事をなるべく多く収集します。また集めた江戸川区に関する記事をそのまま掲載するのではなく、その内容を一度、自分独自の表現に書換えます。また、いきなり子ぶたのパン屋さんというキーワードを文章中に列挙しても、さほどの効果は見込めません。なぜなら、まだ誰も子ぶたのパン屋さんを知らないからです。ですので、なるべく江戸川区に関するマニアックな内容の文章とか、パン屋さんに関するものであれば、江戸川区のどこのパン屋さんの●●パンがおいしいとか、江戸川区でどんなタイプのパンが売れているかなどについて出来るだけ具体的な内容を記載します。これについては一見すると、ライバルのパン屋さんのコマーシャルをしているように見えますが、SEO対策としてかなり有効です。またこれは前半部分でも述べましたが、「作成するサイト名」「H1テキスト」「METAキーワード」また、「META説明文」などは具体的なSEO対策としてかなり重要です。つまりGoogleの検索エンジンはECサイトのWebコンテンツの中でも一番にここを見ます。ですので、これらの部分には極力「江戸川区」という地名と、「パン屋さん」などの業種キーワーを織り込むようにします。

ここまでのまとめとして

当サイトではここまで、どうやったらGoogle検索に強いECサイトが作れるのかについて、おもにこれまであまりECサイト制作の経験がなく、また江戸川区にご在住の人を対象として説明してきました。たとえば、サイト作成ソフトの選定については、今までに自分でECサイトを作ったことがない、または作ろうと思ったが途中で挫折してしまった人などに対しては「シリウス」がお勧めで、また「WordPress」を使って制作するうえでは、WordPressのテーマやプラグインが大変に重要だと述べました。また、SEO対策の基本的な設定項目も何カ所かあって、「サイト名」、「H1テキスト」、「METAキーワード」、「META説明文」などが特に重要だということについても述べてきました。それと、SEO対策についてはホームページ制作業者さんやSEO対策業者さんそれぞれ、方法はまちまちですので、これだといったものは特に決まっていないことなど。またそれと、弊社では「地域名+業種キーワード」での検索でのSEO対策を重要視していて、たとえば江戸川区在住の検索サイトの閲覧者に江戸川区にあるお店や会社のサイトを見てもらいたい場合は、「江戸川区+業種キーワード」で検索が上位に来るようなSEO対策を行っていることなども述べました。そして、SEO対策をおこなうことは重要ですが、それ以上に重要なこととして、ECサイトの訪問者を満足させ、質の高いWebコンテンツを作成することの方がより重要であり、Googleからスパムサイトとして扱われることも少ないこと、よって、閲覧者により有益性と利便性を与える、より質の高いWebコンテンツのECサイトを作成してくださいとも述べてきました。また現在はWeb利用の広告が、テレビなどのメディアを使った広告よりも重要視されていて、ECサイトによるWeb広告の重要性はますます増加しています。そしてECサイトの制作にあたっては、そのような状況なども十分にご認識いただき、Googleの検索エンジンの眼鏡にかなった、検索に強くて、良質なWebコンテンツのECサイトを目指していただきたいと思います。そしてもし、作成したECサイトが思ったほどGoogleから検索上位に表示してもらえなかった場合は、是非、弊社のほうまでご連絡いただきたいと思います。どのような問題についてもそれなりの解決策はあるはずですので、現在運用しているECサイトの実力を過小評価して諦めないで下さい。またそれとSEOの効果について、即座に結果が出ると考え易いのですが、実際にはSEOの効果が出るまではみなさんが考えているよりもかなり時間を要します。ですので適切なSEO対策を施したとして、それからひと月かふた月程度で結果が出るはずだと考えるのは拙速です。また、結果が出ないからといって、次のSEO対策を行った場合に、その対策からしばらくして何らかの結果が出た場合、どのSEO対策で結果が出たのか分からなくなってしまいます。ですので、なるべく焦りは禁物だと考えるようにして、SEO対策をしたらある程度長い時間をかけてその結果を観察してください。Googleの検索エンジンは、ECサイトの訪問者を満足させ、質の高いWebコンテンツを提供するサイトであれば必ず検索上位に表示してくれますので、決して焦らず、あきらめずに時間をかけて良質なECサイトを制作していただくことを願っております。また当サイトがその一助となれば望外の喜びとするところです。

検索に強いサイト制作の基礎3~集客に結び付くSEO対策用ツールについて初心者に簡単に解説【江戸川区版】

Web広告について

作成したECサイトが検索の上位に出てくれば何の問題もありませんが、時としてどんなSEO対策をほどこしても全くネット検索に出現しないこともそれほど珍しくありません。私はそんな時にWeb広告を使ってみるのも一つの方法だと思ってます。また、Web広告にはいろいろな種類があってそれぞれに特徴が異なりますので自社の目的やターゲット層、また予算などに合わせてどんなWeb広告を出稿するかを決めることなどが大切です。そしてまた多くの種類があるWeb広告ですが、Web広告を出稿する目的に合わせて使い分けることも大切です。そして次項から、何個かのWeb広告の特徴を紹介します。ちなみにですが、Web広告については厳密に考えるとはたしてSEO対策用ツールと呼べるものかどうか正直迷ったのですが、間違いなく集客に結び付くものであるという観点から、本項で取り上げることとしました。

リスティング広告

リスティング広告は、別名「検索連動型広告」とも呼ばれていて、Google広告(旧称:Google AdWords)や、Yahoo!広告(Yahoo!プロモーション広告)などが有名ですが、ユーザーが検索したキーワードに合わせて検索エンジンに表示される広告です。またリスティング広告は、広告だというが分かるアイコンが表示されるため、自然検索よりもクリック率は下がる傾向がありますがリスティング広告を使えば興味を持って検索した人に自社の広告を表示できるため、検索して探し物をしている人を自社のECサイトへ誘導することが可能です。またリスティング広告の特徴として、月1000円程度からでも出稿が可能で掲載する広告文を自分で作成でき、検索キーワードなどについても、たとえば本篇のSEO対策【江戸川区版】であれば、江戸川区のお客様をターゲットにしていますので、検索キーワードは【江戸川区】というように自分で決めることが出来ます。また、支払う1クリックあたりの料金の上限を自分で決められるのもリスティング広告の特徴です。またGoogle検索のシェアは世界1位で、日本国内でも70%程度を占めていますし、Yahoo!検索も国内の25%程度を占めていますので、この双方で日本国内の9割以上の検索シェアをカバーしています。つまり、国内の場合はこの2つの検索エンジン上でのリスティング広告をメインにしておく必要があります。また地域を限定して広告することも可能ですので、江戸川区のお客様をメインにも設定出来ますので広告コスト削減も可能です。

ディスプレイ広告

Webサイトやブログなどの広告枠に広告を掲載するディスプレイ広告は、大きく分けて3種類ありますが、アドネットワーク広告は、複数のWebサイトに広告を掲載できる方式です。従来だとWebサイトごとに広告の掲載を依頼する必要がありましたが、アドネットワークの仕組みができたことによって、サイト間を横断して広告を掲載できるようになりました。またアドネットワーク広告は入稿すると一度に複数媒体に向けて大量出稿ができ、またすべての効果測定データを一括で確認できますが、アドネットワークごとに特徴が異なるため、運用スキルが求められ効果測定がしづらいという側面もあります。それとDSP広告は、DSPを通し指定した属性のユーザーに対してリアルタイムで広告を配信することができるWeb広告です。またDSP広告は、メディアの枠に広告を出すのではなくて、メディアに来たユーザーに対して広告を出すことが可能です。それとまたDSP広告は、配信の種類が豊富で最新の広告技術により多くのターティングが行えることもメリットです。またDSP広告のデメリットとしては、配信された広告がどのメディアのどの枠に出たか広告主側が把握できない点があります。また、デメリットではありませんが、DSPは提供する企業によって、配信先メディアやターゲティングに大きな違いがあります。ですのでDSP広告は各社のDSPの機能をきちんと把握して選定することが必要になります。また純広告は、アドネットワーク広告とは異なり、Webサイト内の決められた枠を一定期間買い取って広告を出稿する方法です。また純広告は、ターゲティングや時間帯指定も可能で、自社商品やサービスを知らないユーザーの画面にも広告が表示されるため、認知効果を拡大するという点でも優れています。ですがその反面、効果が出なくても決まった費用が発生するため、意に反してターゲットが外れた場合、費用対効果がよくないことも少なくありません。またディスプレイ広告の場合、地域を限定して広告したい場合にはあまり向いておらず、たとえば江戸川区のお客様に限定して広告を見てもらいたくても、江戸川区以外にも広く拡散してまう可能性があり、アドネットワーク広告の運用には注意が必要となります。

動画広告

Web広告のなかで、動画を使った広告をまとめて「動画広告」と呼びます。また、視覚だけではなく聴覚にも訴えられるのは動画広告だけですが、それと同時に動画広告はユーザーの時間を拘束するため、ユーザーの行動を阻害するという悪い印象を与えるといった可能性もあります。また動画広告には、WebサイトやSNSのコンテンツの一覧内に表示されるインフィード広告、YouTubeといった動画サイト内で再生されるインストリーム広告、純広告の枠に出稿するもので画面内に動画が入らなくても再生されるインバナー広告、スクロールして動画が自動再生されるインスクロール広告、スクロールして動画が自動再生されるものでインスクロールと違いコンテンツ一覧内に表示されるインリード広告、などの種類があります。

SNS(ソーシャルメディア)広告

SNS(ソーシャルメディア)広告は、TwitterやInstagram、FacebookなどといったSNSに掲載する広告のことです。SNS広告を出稿することで自社のアカウントがフォローされたり、また広告自体が拡散されたりする可能性があるためユーザーとのつながりができるのがSNS広告のポイントです。またSNS広告は、ほかのWeb広告と比較すると低予算で出稿できますが、成果を出すためには拡散されやすい広告作りなどのノウハウが必要となります。

ネイティブ広告

SNSやニュースメディアの記事タイトルやコンテンツに溶け込ませて表示するのがネイティブ広告です。またネイティブ広告は、一定数のユーザーがネイティブ広告に対して悪いイメージを持っているとされていますが、ネイティブ広告はコンテンツに自然に溶け込んでいるため、ユーザーにストレスを与えずにクリックしてもらえる可能性が高いことが特徴です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、アフィリエイターと呼ばれる媒体主のWebサイトやブログに広告を掲載してもらうものです。アフィリエイト広告には成果報酬型やクリック型などの種類がありますが、成果に結びついたら費用を払うという成果報酬型が一般的です。そのため費用対効果が高い広告だと言えますが、どの広告を載せるかはアフィリエイター次第のため、想定していたサイトに掲載してもらえない可能性があります。またアフィリエイト広告も地域を限定しての広告には不向きで、たとえば江戸川区のお客様だけに広告したくても、江戸川区以外にも広く拡散してまう可能性が強くアフィリエイト広告の運用にも注意が必要となります。

メール広告

ユーザーに向けてメールで配信する広告をメール広告と呼びます。メール広告にはメルマガに広告を貼り付けるものと、ユーザーの趣味嗜好に合わせて広告メールを配信するものがあります。またメール広告はメールは消去されない限りユーザーのもとに残り続けますが、開封されない、また開封されたとしても最後まで読んでもらえない可能性もあります。またメール広告は他の広告と違い、一定期間掲載されるというものではなく、メールによる単発での配信のため、ターゲットを誤ると全く効果が出ないケースもあります。またこのメール広告ですが、地域を限定した広告には大変向いて江戸川区であれば江戸川区全域というより、個別の顧客にターゲットを絞っての広告が可能ですので、江戸川区のなかでもピンポイントでの広告が可能となります。

Web広告のまとめ

以上ここまで様々なWeb広告について紹介してきましたが、Web広告にはいろいろな種類があってそれぞれに特徴が異なることがご理解いただけたと思います。また、Web広告は使い方を間違えるとマイナスの費用対効果となってしまう危険性が高いので注意が必要です。またそれと何度も申し上げましたように、アフィリエイト広告やディスプレイ広告などのように、江戸川区という地域に限定して広告しようとしても江戸川区だけでなく全国的に拡散してしまう危険性もあります。しかしWeb広告の特性をよく理解して上手に活用すれば驚くほどの集客効果があることも事実ですので、Web広告の特徴を十分に理解していただいて是非とも上手な集客に結び付けていただきたいと思います。

Web担当者向けWebマーケティングコラム 【決定版】Web広告の基本7種類!選び方に迷ったらコレから引用